携帯電話による徘徊高齢者実証実験

日時  平成24年10月1日から10月31日 場所  甲府市内 目的  携帯電話を使って、徘徊癖のある高齢者を対象として、徘徊時の捜索の効率化を行い、家族の負担を軽減しようとするものです。 (1)実証実験の目的 徘徊癖のある高齢者がいる世帯向けに携帯電話を貸与し、徘徊時の位置検索 によって早期発見を目指すための携帯電話の導入費用・維持費用・可能性と 制約を検討します (2)実証実験概要 (2)-1 日常の携帯性と早期発見性評価 実際の高齢者の方に携帯電話をお渡しし、実際のボランティア員に見守 り訪問の協力をお願いし、実験用フローに従い実験を実施します。実験 終了後、ボランティア員によりチェックシートの検証結果記入欄に評価 を記入します。 (2)-2 捜索の効率性評価 ボランティア員の方に徘徊高齢者役を行なってもらい、もう一人のボラ ンティア員が実際に見守りセンターからの情報をたよりに捜索し、合流 する実験を実施します。実験終了後、ボランティア員によりチェックシ ートの検証結果記入欄に評価を記入します。 3.実証実験結果 あらかじめ作成したチェックシートについて、実際に見守りを担当していた だいたボランティア員に「とても思う」「そう思う」「どちらともいえない」 「そう思わない」「まったく思わない」の5段階評価を行なっていただいた。 ※実験に参加したボランティアさんの声 ・朝から携帯を家に置いたまま昼間まで徘徊した。 ・携帯を充電して持ち歩くのは難しく、また機能を理解できない。 ・携帯は持たずに出かけようとする。「出かけるときにはこれをカバンに 入れて出かけてくださいね」と声掛けし

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
受付時間:平日午前9時00分~午後5時00分    
​定休日:土曜、日曜、祝日

© 2015 by System Inn Nakagomi Co.Ltd.